過去の記事
2012年
5月
4月
3月
2月

1月

2011年
12月

11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2010年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2009年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

2012年6月

『中国・上海&蘇州 現地視察ツアー(9月16日〜19日)、どうぞお越しください!』

 

■あなたの会社、強くしてみせます!
『経営力UP連続セミナー』開催中

 おかげさまで、第2回セミナーも、無事に終えさせていただくことができました。
「急遽、仕事が入ってしまって…」お忙しい中にもかかわらず、複数の方から、そんなご丁寧なご連絡も頂戴しました。お母様が急遽入院されて、お越しになれなくなってしまった方もおられて…
 あいにくご都合等によりご出席いただくことが叶わなかった皆様、
何かと心にかけていただいて、メールやお電話まで頂戴しました。
 お心遣いに、心より感謝申し上げます。

  5月24日は、若尾裕之先生による
 『世界で初めてイチローをCM起用したトップ営業マンが語る、営業力UPセミナー

 若尾先生には、          
「東京ディズニーランドの顧客満足戦略」
「お客様に合わせてお茶を飲む、ミラーイング法」
「@サザエさん、Aドラえもん、Bこち亀の両さんのアニメキャラクターの中で、最も営業に向いているのは?」
等々、分かりやすく、そして時に面白おかしく、営業力UPのポイントをお話しいただきました。

 特に、
「97.5%」⇒「この数字は、何でしょう?」
 参加者一同、唖然としていると・・・
「ヒント:東京ディズニーランド」⇒「答え:東京ディズニーランドのリピーター率」とのくだりには、皆さん大きく頷かれていました。

   
 さらに、「東京ディズニーランドにいる平均滞在時間は?」との質問には、6時間、7時間、13時間・・・等々と、参加者の答えもバラバラ。

「平均13時間です」との若尾先生の答えに、

「そういえば朝早くから並んで、夜はパレード、花火を見て、寝てしまった子供を抱いて帰ったな・・・」というツブヤキも。
なるほどと気づくことの多い、1時間半でした。



■第3回は、6月28日(木)18時から開催します。

 テーマは『最新モバイル&Face Bookを活用した営業力UPセミナーです。

 講師には、外国人CEOで有名なデービット・リーブレック氏率いるアイ・モバイル鰍フHPアドバイザーとして、全国の中小企業のアドバイスや講演に飛び回っておられる、大瀧佳子氏にお越しいただきます。


 特に、中小企業へのIT支援には定評があり、職業会計人の組織としては最大のTKC全国会も、同社のIT戦略支援力に注目して、全国レベルでアイ・モバイル鰍ノ顧問先企業のIT支援を委ねています。

 私自身、どちらかというとデジタル・ディバイドのアナログ世代なので、大瀧さんの話を聞いて、一生懸命勉強したいと思います。
 皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げております。

 インターネットからのお申し込みはこちら http://www.tfs-ac.jp/contact.html


★★★ 速 報 ★★★★★★★★★★★

【上海&蘇州 現地視察ツアー】の日程が決まりました!

 TFSグループが主催する『上海・蘇州 現地視察ツアー』の開催日時が9月16日(日)〜19(水)に決まりました。

 9月17日(祝)が日本では敬老の日・祝日、中国では平日。
 その一日を活用して、ご参加者の皆様が平日の日本を離れるご負担が、少しでも少なくなるような日程にしました。

 「中国には関心があるが、なかなか市場を知る機会もなくて・・・」
 「そもそも、中国の法律や労働の仕組みが分からないので・・・」
 「自社の商品・製品は、本当に中国で売れるだろうか・・・」

 これまで、何度となくそんな声を耳にしてきました。
 なかには、日本酒一本、上海で売れないだろうかと、ご相談を受けることもありました。
 
 現地での弁護士や会計士によるセミナーを通じて、まずは中国の仕組みを知っていただきます。
 そして工業団地等に出向いて、実際に進出している企業の実態を、ご自身の目で確認していただきます。
 さらに、上海のデパートやスーパーで、実際の物価を見ながら、中国の購買力をご説明した後、現地の日系企業の皆さんと、生の声での意見交換をしてみたいと思っています。

 自宅の隣に住む人がどういう人なのか、知っていれば安心し、知らなければ不安がよぎります。
 
 それと同じ。
 巨大な隣国・中国。
 もはや、安い労働力を求めて中国に出ていくという時代ではありません。成長力のある中国が、どのくらいの購買力があるのか。日本製品は、いくらで売っているのか。

 中国・アジア進出を是が非でも促すことは、決してするつもりはありません。まずは好きか嫌いかを置いてでも、巨大な隣国となりつつある中国の“今”を知っておくことが、今後の日本にとって必要なことだと思うのです。
 縮小しつつある日本市場だけで、すべてを完結していたのでは、生き残ることのできない時代が来るかもしれません。中国アジア市場を知ったうえで、日本市場で生き抜くという決断をされるかもしれません。

 会計事務所グループが主催する、短期間で中国・上海を知り、市場性を探る、珍しい現地視察ツアーかと思います。当社の中国人スタッフも、出国から帰国まで、通訳を兼ねて全行程同行させていただきます。

 現地では様々な箇所を視察する関係で、20名の定員制とさせていただきました。既にご夫婦でのご参加も含めて、複数名の方からご参加の意向を頂戴しています。
 ご検討の皆様には、是非とも「早割料金」期間中の6月30日までに、『ご意向事前アンケート』にてお申込みいただければ、誠に幸いです。
 ご不明の点などがございましたら、何なりお問い合わせくださいませ。

 私たちが、責任を持ってご案内させていただきます。
 是非ともご一緒に、中国・アジア市場の“今”を感じませんか。

 

 

 

 

 

平成24年(2012年)6月         

TFSグループ 代表         
         TFS国際税理士法人 理事長     
山 崎  泰